フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。

プロフィール

かなめこ

Author:かなめこ
楽楽塾 「遊びから学び」主宰
子どものころからたくさんの仲間と遊ぶことが大好きな私、そのまま熟年となり、仲間とワイワイできるイベントつくりしたり、遊びのワークショップをするようになりました。笑い過ぎたのか体が膨らんでしまいました。


最近のコメント


リンク


ブログ翻訳


ブロとも一覧


最新トラックバック


いつもいつも人のお節介をやくことで、いい人だと

自分の価値を確認したり、精神の成長をといろい

ろ学んでいるが飢餓で、精神がが高まったふりを

するにはかなりの自我が必要だし、エネルギーを

かなり浪費です。

人に余計なお節介をする人々は、そのエネルギー

をどこから得ているだろう。

本当にお節介「お世話」しているのは誰のため、

自分のため?

人に何らかの見返りを求めている場合は、「あり

がとう」言葉ぐらい言ったらいいでしょうも、自分

のためなのです。

にも求めず、その人のためためにしたこっとだか

ら、そのひとの心に喜びを感じ、それで満足する

のです。

その姿を見れる感じれることが、自分への贈り

物のなのです。


画像 092
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |