楽楽ワークショップで柔軟脳に、笑顔で楽しい毎日! そんな日常の出来事 *ワークショップのお知らせ∞絵のお話❗笑笑🎵
私たちは、他人が自分に実際には何も要求していないし、

期待していないし、責めてもいないのに、要求され、期待さ

れ、責められているような思い込みをしてしまうのです。

そもそも、要求・期待の本質は、こうしてほしい、こうあって

ほしいという自分の要求だったりします。

その要求通り、相手が動かなければイライラして、相手を

責めてしまいます。

相手が、常に自分の期待通りに動くことを求めているの

です。

その自覚がないため、期待通りならないことを、心の底で

は他人に責められているという被害妄想になるのです。

その結果、激しい欲求不満になるのです。

ガミガミ言うのは、この欲求不満から攻撃的に表現して

しまうからなのです。

スポンサーサイト

【2014/05/07 10:47】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック