フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。

プロフィール

かなめこ

Author:かなめこ
楽楽塾 「遊びから学び」主宰
子どものころからたくさんの仲間と遊ぶことが大好きな私、そのまま熟年となり、仲間とワイワイできるイベントつくりしたり、遊びのワークショップをするようになりました。笑い過ぎたのか体が膨らんでしまいました。


最近のコメント


リンク


ブログ翻訳


ブロとも一覧


最新トラックバック


先日、息子にピッタリした服を着ると、ボンレスハムみたいで、締め付けは肉体がかわいそうと言われてしまいました。
締め付けてはいないのてすが、そう見える肉体になってしまったんだなぁーと、笑ってしまいました。



自分の中で思ったことが、あたかも自分の外で起きているようなに感じ、そして、それが自分の責任があるように思い込んでしまうのです。
自分が自分にイラついて怒っているのだが、本人は自覚していないです。
そして、あたかも誰かが自分に怒っていると思ってしまうのです。
あるいは、相手が悪いと感じて、相手にイラつき怒ってしまうことが多い。
自分に対する怒りを、相手を通して感じているのです。
自分が実際の自分に否定的なときに、他人を否定的と感じるのです。
現実の自分に対する怒りが、不満をどう処理するかが、悪習慣になっているのてす。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |