楽楽ワークショップで柔軟脳に、笑顔で楽しい毎日! そんな日常の出来事 *ワークショップのお知らせ∞絵のお話❗笑笑🎵


私たちは、話の種として自分の夢想を相手話し

それを本当の夢と思い込んでいることがあります。

本人は、無意識なためその夢想を目指すため協力

や知恵を求めているかのように意識しています。

輸送のためしたいができない。

こうしたいが難しい中々達成できないなどの悩みを

話してどうしたからいいかと話しつづける。

しかし相談に乗って知恵を貸してあげても、あまり

本気で理解して実行しようとはしません。

見かけとは裏腹に本人には意志はないのです。

親身になって考えてあげて、その後どうしたか心配

して聞いても、出来ないのは誰せいや動いてくれな

いという言い訳や愚痴を言うだけです。

ほんとうは何をしたいのか意識してみましょう。

そうしないと、自分の付き合う人の時間までも無駄

にしてしまいます。


スポンサーサイト

【2013/08/21 08:43】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック