楽楽ワークショップで柔軟脳に、笑顔で楽しい毎日! そんな日常の出来事 *ワークショップのお知らせ∞絵のお話❗笑笑🎵
私たちは子供の頃から、親や幼稚園・学校の先生から「人からどう言われるか、見られるかあるいはどう思われるかを考えなさい」と注意されてきました。その結果他人にどう見られるかあるいはどう思われるかの評価を気にするようになりました。

そのため 自分がしたいことより、他人から期待されることや他人の顔色伺うたり、動向を気にして自分の行動方針を決めるように無意識にしてるのです。

他人の意見を優先したり動向を気にしたりすればするほど自分らしい自分の自由が失われるのです。

そして、いつしか自由にものを考えることすら出来なくなってしまうのです

さらに、悪いことに、自分はみんなより劣っていると思い込んでしまうようになるのです。

まず、自分自身に意識を集中して、「それに対して私はどう思っているかどうしたいかを考えてみましょう」
私から「始まり」ましょう
スポンサーサイト

【2010/01/02 16:03】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック