楽楽ワークショップで柔軟脳に、笑顔で楽しい毎日! そんな日常の出来事 *ワークショップのお知らせ∞絵のお話❗笑笑🎵
人が自分を変えたい気持ちがあるのに、変えるため

の新しい習慣を見につけようとしても、なかなか長続

きしないのか、不具合を見ようとしないのは理由があ

ます。

理由のひとつめは、心の中では変えることに不安が

あり、ならば今のままでいいと思っているからです。

これは、無意識かもしれないので自覚は無い場合が

あります。


理由ふたつめは、変わったことに実感ができないか

らである。見えないものが信じられないからです。

理由三つ目は、付加価値を求めてしまう傾向がある

からです。変わったことで何が得られるのか?

価値あるものを求めます。


スポンサーサイト

【2015/04/30 13:37】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
視点、受け取り方、考え方が変わると使う言葉が

変わります。

同時に、自分の話し方と表情も変わることで自己

表現できたことで、自分の気持ちがすっきりして、

心が楽になります。

そのとき、心のあたりにフッとスペースが生まれる

のです。

ありのままの私に近づき、自然に動き始めるのです。

いつのまにか、言葉から体へと広がり、自分の行動

までも変わっていきます。

習慣が変わったのです。


【2015/04/28 15:36】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
怒りを感じたときの発散の仕方、どのようにして感情

の怒りを吐き出してますか?

「私はこうしている」「こんなやり方が効果的だった」

「これで絶対スッキリ」と人それぞれです。

でも、解消できずイライラ、うつうつと溜め込んでし

まう人もいます。

怒り事態は、私たちが生きていくうえで欠かせない

感情です。

ただし、怒りが続くと体と心を蝕みうつなどの深刻

な症状を引き起こすこともあります。

怒りや憎しみに変わるほどその思いを引きずった

とき、誰よりも苦しむのは自分自身です。

怒りは必要な感情ではあるが、その捉えた受け取

り方が大事になるのです。

マイナスの捉え方とプラスの捉え方では、大きな

違いがあります。

まずは、私はなぜおこっているのか?、どんなとき

に怒っているのか?見てみましょう。


【2015/04/24 09:10】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
人は、外見では幸せそのものように見えたり、

エネルギーシュで仕事もやっているし成功もし

て、自信に満ちているように見えるても、心の

中では痛みを抱えている人がよくいます。

素晴らしい容姿だったり、莫大な財産がある人

、頭がよくって才能に溢れている人だって、真

の友人がわからず、貧しかったり才能が無い

と思ってる人たちよりさびしい思いをしながら眠

りについているのかもしれないのです。

あなたは、もの足りない人生のままでいいですか。

それとも、何とかしたいと思っているのですか。

何とかしたいと思う人は、視点の角度を変えるよ

うにしてみることをおオススメします。



【2015/04/19 10:38】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
石岡市風土記の丘にて

P4220128.jpg

P4220138.jpg

昨年からデジカメラ片手に、撮影散歩を始めましたが

中々いけないなぁーって思っていましたが、なんだ私の

周りにもきれいな景色映し出す自然がいっぱいと気づ

き撮影をしています。

アトリエの椿の花です


2月つばき

どうしても遠くの景色ばかり追って、近くにあるものを

見過ごしてしまいます。

今できること、できないことをどうしたらいいのか、改善

できないのか、とりあえず楽しんでみることがたいせつ

だなぁって。




【2015/04/18 11:44】 | 日常の風景
トラックバック(0) |