楽楽ワークショップで柔軟脳に、笑顔で楽しい毎日! そんな日常の出来事 *ワークショップのお知らせ∞絵のお話❗笑笑🎵
恩師・中村天風に学ぶ「今がその時」 清水榮一

心がひとつのことに捕らわれていると、まわりが見えなくなる。

儒教の四書五経のひとつである「大学」という経書に、「心焉

(ここ)に在らざれば視れども見えず、聴けども聞こえず、食ら

えどもその味を知らず」とある。

このとき少し心の視点を変えてみよう。

ときから離れて、今の姿を客観的仁観察するのだ。

そして口に出して言ってみよう。

「あんなこともあったよと、いつかそう思うときがある」と。
スポンサーサイト

【2014/12/31 15:35】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
年の瀬と新年は年明けに、贈る千羽鶴を折ります。


【2014/12/30 12:27】 | 日常の風景
トラックバック(0) |
私は、よく人間くさい人でいたいと言います。

悪い面良い面があるから成長すると思っています。

「今を変える習慣」作り上げるのに試行錯誤している

ときに、古い価値観や習慣を相当思い切って変えて

きました。

長年しがみついてきた「いい人」「こうあらねば」「完璧

主義」を壊してしまおう。

都合のいい人でしかなかった、自分がしたいだけと気

づいたからです。

いい人をしないからといって、無責任になれとか、悪い人

になれとかでもなく、その人のこと客観視して気楽にいく

ことなのです。

自分が一番好きという新しい目で自分自身を見直してみ

ること、人間としての価値は同じでも気持ちは軽く、気持ち

の趣くまま生きていけるのです。


【2014/12/29 10:10】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
悪習慣を続けていても、やめれない・無理または、

どこかで別に不都合はないと思っているのかもし

れない。

それは、単なる幻想に過ぎないのです。

自分に害が現れたとしても、他人のせいか泣き言

を言って終わりなのです。

悪習慣を変えることをしても、すぐに目に見える変化

を生むことはなく、変わったという幻想を見るのです。

変えるための行動をすることが、預金の利子を段々と

増やしていく感じなのです。

このことを深く理解するにつれ、物事を見るめが変わる

のです。


【2014/12/28 10:09】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |

荒野鷹虎さんへ!!
かなめこ
こちらこそ、ご愛読ありがとうございます。
たくさんの支えられた1年で感謝感謝です。
来年もよろしくお願いします。
良い年の瀬をお迎えください。



かなめこさんへ!!
荒野鷹虎
今年一年本当にお世話になり感謝いたします。!
又来年もどうぞよろしくお願いいたします。!!
お元気にて。!!

コメントを閉じる▲
人の意見に左右されたり、期待に応えなければ

という気持ちを捨てるのは、精神の成長するた

めに欠かせないプロセスです。

人の期待通りに行動することが、自分の楽しみ

なら別ですが、そうでなければそのことに気づ

かないのです。

根気よく本当の自分を向き合うことです。

そして、自分が人の期待に応えるのをやめる

ことです。


【2014/12/26 11:09】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |