フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。

プロフィール

かなめこ

Author:かなめこ
楽楽塾 「遊びから学び」主宰
子どものころからたくさんの仲間と遊ぶことが大好きな私、そのまま熟年となり、仲間とワイワイできるイベントつくりしたり、遊びのワークショップをするようになりました。笑い過ぎたのか体が膨らんでしまいました。


最近のコメント


リンク


ブログ翻訳


ブロとも一覧


最新トラックバック


自分自身の目標や夢、何をすべきかをみつけたい

あるいは、しあわせになる道をみつけたいなら、大

事なのは他人がどう思うか?どう感じるかを大切に

思うことではなく、自分がどう思うか、どう感じるか

が悪くも良くも認め受け入れることです。

そして、不具合を起こしている習慣に気づくことです。



201312.3冬
スポンサーサイト
私たちの多くは、親・社会・友人の意見や期待に

沿おうとして、あるいはほぼ無自覚に自分のこと

として生きています。

特に親切な人・優しい人・世話好きな人は、人を

助けたい、人を傷つけたくないという思いが強す

ぎると、人の期待を自分のこととして生きたり、

相手に主導権渡してしまいがちです。

真の充実感・幸福感のかわりに虚無感やスト

レス、不満に捉われ疲れてしまいます。

他者との間にバランスのいい距離感を、持つ

ことが大切です。


アートワークの10年分まとめ始めています。
きっかけは、アートワークの仲間から、初期のころの先生がしたワークが知りたいということでした、。
遠いので通信講座でお願いしたいが始まりでした。
それが2004年に私自身が行っていた、講座のワークの実際もということで、すべてを纏めることになりました。
これをシンプルにしたアートワークを、秋に開催とDMを作り配布し募集を始めたら、仲間から初期のアートワークを個人で、受けたいと連絡が入りました。
やっと、1年分がまとめ直し終わるところで、まだまある膨大な資料を腕捲りして頑張ってます




人は、強い者に媚を売り弱い者に上目線で命令や

虐げます。

それに自身が気づかないと、無意識のうちに習慣と

なって強者と判断すると無意識に媚びって接し、自

分より下の者と判断すると無意識に上目線で命令し

たり、虐げるような言葉で接してるのです。

人は、嫌なことを我慢し続けて日常を送って生きてい

くことができないので、必ず、同じような仲間を作って

ストレスのぶつけ合いをしてバランスを取っています。

自分の周りを見てみると今の自分が見えてきます。


アートワーク合宿を共に学んだ仲間と、久々に

行いました。

今回のコーディネータの計らいから、日光オリーブの里で教会でした。

しかも温泉付です。

とても刺激的な2日間でした。

ワークの後に温泉語らい、朝起きて温泉にモーゼの家という祈りの部屋で、

瞑想しました。

初めての体験で感動でした。

とても癒される山深い場所で静けさに癒されました。








 | BLOG TOP |  NEXT»»