フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。

プロフィール

かなめこ

Author:かなめこ
楽楽塾 「遊びから学び」主宰
子どものころからたくさんの仲間と遊ぶことが大好きな私、そのまま熟年となり、仲間とワイワイできるイベントつくりしたり、遊びのワークショップをするようになりました。笑い過ぎたのか体が膨らんでしまいました。


最近のコメント


リンク


ブログ翻訳


ブロとも一覧


最新トラックバック


足利市のあしかがフラワーパーク
「フラワーファンタジー」ー光の花の庭



今年一年を振り返り、「自分のことをする」を目標

に思考・行動をしてきました。

そのことで、1月にアトリエにと空き家貸していた

だける話がきて、2月から30年空き家だ家の掃除

を始め、4月に絵を描く場所・話会・講座の場所と

して開講しました。

描いたら発表するところということで、デザインフェ

スタに6月申し込み7月に当選。

LaBreeze(かぜのいち)vol.8 vol.9で自分のブース

で作品をだしました。

10月末から柏そごうに10日間パステル画を展示販売

その流れで11月末から8日間パステル画展示販売。

11月2.3日デザインフェスタ出店。

「自分のことをする」の目標から、自分のアトリエを整え

ながら、めまぐるしく新しい場所、新しい出会いでした。

そのことが、来年度新たな種から芽を出し、育んでいくこ

とになりそうです。

とても心身ともに充実した一年でした。

しばし休息の年末年始に大作を描きたいと思います。

それが仕上がってから来年の目標を考えたいと思います。

この一年つたない文章のブログをご愛読いただいた皆様

にとても感謝しております。

みなさまにとってよい年の瀬でありますようにお祈り申し

上げます。

スポンサーサイト
人は、なれない場面や自分の苦手な場面、

相手のためにと思って言っていること受け

止めてくれないとき、立ち往生して大きくゆ

れてしまい、そして中々思い通りに運ばな

いのでイライラして、人に八つ当たりして言

い争ってしまいそんな自分に自己嫌悪になっ

てしまいます。

そして、半ば無意識のうちに1日機嫌悪く、

家族や他者に八つ当たりして、ストレスを解消

していることには気づきません。

こうなってしまうと、関係性は悪循環して知らず

知らず習慣になっていきます。

周囲から孤立してしまうのです。


自分自身を否定して、追い込んでしまうことで、

心理状態は様々な弊害がでてきます。

「自分はこんなに一生懸命やっているのにみと

めてくれない。理解してくれない。まったく言うこ

とを聞いてくれない。」「確かに私の説明の仕方

が悪いのかもしれないが・・・・。」

本当にイライラすることばかりだ。

その感情をコントロールできないことから、人間

関係はますます悪化していくばかり、そして、孤

独感にさいなまれていくのです。

厚い思い込みの壁を作ってしまいます。


困ったことが起きたら大切なのが、視点・考え方

・観方・受け止め方の転換です。

そして、成長したい、誰かの役に立ちたいという

心の声を聞く耳を持ち、その声に従って手助けす

る素直な行動が大切です。

私たちは、日常生活の中で知らないうちに、自分

や他人の成長を邪魔してしまっています。

「○○しなくてはいけない」「○○でなければい

けない」と意気込んだり、励ましたりすることも

ときとして必要ですが、場合によっては、自分や

相手を追い込んでしまう危険があります。

しっかり自分や相手の心の声を聞くことが大切で

す。



習慣を変えるでは、一ヶ月の振り返りの後その

困ったことに直面したことなどを整理して、一つ

一つ見る作業をします。

そのことからその本人だけでなく、グループの方

たちにも、自分に引き寄せ考えることが出来自分

の中で整理して、自分はそう思わないけど他の人

はそう思うことを認識していくのです。

毎月繰り返すことによって、気持ちが落ち込んで

しまって、何も考えられずいったい何から手をつ

けたらよいだろうと気ばっかりあせっていたころ

と違い、今の自分?どうのような状態、どうした

らよいかと観ることがだんだんと出来るようにな

ります。

 | BLOG TOP |  NEXT»»