フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。

プロフィール

かなめこ

Author:かなめこ
楽楽塾 「遊びから学び」主宰
子どものころからたくさんの仲間と遊ぶことが大好きな私、そのまま熟年となり、仲間とワイワイできるイベントつくりしたり、遊びのワークショップをするようになりました。笑い過ぎたのか体が膨らんでしまいました。


最近のコメント


リンク


ブログ翻訳


ブロとも一覧


最新トラックバック




私たちは、自分を他人と比較がちです。

自分を知るためならいいのですが、他人との比較で

ネガティブな感情につなげてしまいます。

今いる目の前の他者と比較して、それより優れてい

てもぐの他者より下かもしれないのです。

それを永遠に続けることは、気分がいいものではな

いし成長は望めないのです。

自分の今に意識を向けることに時間を使いましょう。


スポンサーサイト


愚痴・不満といったネガティブな人とは距離を

とりましょう。

夢を語り、そのために努力している前向きな

人と話をするとを心がけましょう。

そうゆう人たちは、夢を追い求め努力してい

ることを励まし、認めてくれるのです。

環境を再点検してみてください。

長年の友人の中にも不満・不平を並べるのが

好きな人がいる。

そうゆう人と、一緒にいることを決めているのは

自分なのだということです。

自分の夢を妨げる助言等をする人と、今まで通り

一緒に過ごすことを選び、過ごすのも自分次第で

す。

気づくと月日の経つのは速いもので人生の終焉に

なっているものです。

もう一度環境見回してみましょう。



ネガティブ
な思考習慣をしているかぎり、自分の人生

に起きて欲しくないことばかりが起きて、起きて欲しい

ことが起きません。

また、いくらポジティブな思考になっても、行動を起こさ

なければことは起きません。

起きて欲しいことを考え行動をする習慣を身につける

ことが不可欠です。


自分の習慣は大きな力を持っています。

意外と気づいていないものです。

自分に習慣を意識を向けて、変えることが人生に運

を引き寄せるには不可欠です。

人は、自分が信じているものになれるのです。

何かが出来なければ、無ければと自分の言い

続ければ、本当にそれができなくなる。

その反対にそれが出来ると信じていれば、たと

え最初はうまくいかなかたり出来なくとも、やがて

それをする能力をみにつけたり、チャンスはめぐ

ってきます。




怒りについて、誰かが怒らせているのではあり

ません。

自分が、ある状況に腹を立って怒ることを選ん

だだけなのです。

不満不幸についても同じです。

それらの感情は、自分のネガティブな思考を選

んだ結果です。

そのことに気づき、怒りや心配、不安といったネ

ガティブな思考が浮かんだら、腹を立ってたり、

心配からの不安の感情を選ばない選択ができる

習慣をつけましょう。


 | BLOG TOP |  NEXT»»