楽楽ワークショップで柔軟脳に、笑顔で楽しい毎日! そんな日常の出来事 *ワークショップのお知らせ∞絵のお話❗笑笑🎵
落ちた時、疲労感を感じた時は、習慣を変える

シグナルチャンスです。

逆に活動量や活動範囲を狭くすれば、空虚感

や自信なさが生まれます。

今をしっかり味わい、受け入れもがきながらも

新たな習慣をつけることに継続していくことが

自己を絶え間なく進化してくことになります。


スポンサーサイト

【2012/06/30 08:17】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
自分を変えるためには、習慣を変えることです。

とセミナー・講座をしていますが、1番簡単な

方法として行っていますが、生徒さんに簡単そう

で、中々習慣を変えられないと言われます。

変えられる習慣から一つ決めて、まず、1ヶ月

続けてみてください。

頭で考えているうちはそれは、習慣にはなって

ないということです。

自然に動いている・できている時、はじめて習慣

になったということです。

セミナー・講座が終わっても続けて変えられる

習慣から一つ決めて、自然な動きになるまで

やる。継続する。

こんな言葉があります。「人は七癖」という

ぐらい最低意識してない習慣があるはずです。

その不具合を起こす行動や考えを意識化して

習慣を変えることが、自分を変えることであり

穏やかな人生になることなのです。



【2012/06/29 08:57】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
習慣を変えようと思うと、悩む・考えてしまう。

大それたことなんだ・こうしなくては・あーしな

ければと思い心配や不安などのマイナス要因

作り出します。

そんな大それたことではないのです。

朝起きて1番にしていたことを2番にするとか、

好きなものを最後に食べていた人は最初に

食べるとか、人を誘うのが苦手な人は、誘って

みるとか、ちょっとした行動変化を続けて行く

ことが習慣を変えるなのです。

ばかばかしいと思うことが「継続は力成り」な

のです。



【2012/06/28 08:45】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
どうしても素直になれない、他者の言葉ですぐ

に落ちてしまう、空虚感に押しつぶされてしま

そう、いつもイライラして欲求不満気味、そう

いう人は、自分を変えたがらない。

口先では、変えたい変わらなければと言うが、

よくなりたいと言う願望だけなのです。

しかし、住み慣れて習慣を変えることは望んで

はいないのです。

だから、変えるための行動をしないことは、

正当化した言い訳をしている自分には無意識

で気づいていないのです。

その無意識に気づき、意識化して自分を変える

ことが人生を面白く楽しく穏やかにすることな

のです。

今までと違った行動をすることが、自分を変え

るきっかけでそれを続けていくことが、習慣に

なるのです。



【2012/06/27 08:09】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
みんなに合せてやったことが、興味が無かった

こと、好きなことでなかったことでも体験を続ける

ことで、そのことが好きになることがあります。

よくすぐ「くだらない」と言うのを聞きますが、

体験もしないうちにほんとうに「くだらない」

と思ってるのでしょうか?

心のできなかったらカッコ悪い(劣等感)や

分からなかったら(不安感)という気持ちが

あって、そんな自分を認めたくない、受け

入れたくない恐れからくるものだったりしま

す。

でも、何もやらなければ、面白いことはでき

ないし人生を楽しめません。




【2012/06/26 14:06】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |