楽楽ワークショップで柔軟脳に、笑顔で楽しい毎日! そんな日常の出来事 *ワークショップのお知らせ∞絵のお話❗笑笑🎵
私が入るこの地上(日常生活)というのは、

学ぶための学校のようなものである。

どんな方法で学ぶかは、どれくらいの速さ

(時間)で学ぶかは、その人ひとり一人が

自分で選択して決めているのです。


スポンサーサイト

【2012/05/31 08:49】 | こころのビタミン
トラックバック(1) |
私たちは、不満の原因を自分で解決しない

限り、本当の満足や穏やかさは得られない

のです。

他者に託すと一時的な満足は得られますが、

継続しません。

不満は、自分の力の限界を超えたことの表れ

でそれを認め受け取りましょう。

また、ある面を変えたいと思っても それが

今の自分の限界で認めたくないため、変える

ことができないことを知りましょう。

中々超えられないものがあります。

肉体的にも、感情的にも、精神的にもそれを

ゆっくり時間をかけて、習慣を変えることで

変えることができるのです。



【2012/05/30 08:44】 | こころのビタミン
トラックバック(1) |
出会い別れ・・・・・。

相手の一面を気に入り受け入れて、ある側面を

受け入れられなかったということです。

もし、そのことに気づくことができ、受け入れて

認めることが出来たら、新たな出会いになる。



【2012/05/29 08:28】 | こころのビタミン
トラックバック(1) |
イエスの言葉の中から

「あなたは兄弟の目の中にある藁を見るが

自分の中にある成り梁はみていない」


私たちは、他人の中に欠点や嫌なところを

みるが、本当は、それは自分自身の欠点

だったり嫌なところでもあり、しかもその欠点

や嫌なところは他者の欠点や嫌なところを

上回っているものである。



私も、他者に映し出される自分にハッとする

ことがしばしあります。



【2012/05/28 08:15】 | こころのビタミン
トラックバック(1) |
問題解決にしろ、目標にしろ、夢にしろ、自分が

行動をしない限り、自分の変わりに行動してくれ

る人などいないのです。

自分のため行動を起こし、解決・達成できるのは

自分なのです。

行動のさいあまり深刻になりすぎず、今あることを

笑って受け入れて、自分自身を笑い飛ばせるくらい

になりましょう。



【2012/05/27 08:09】 | こころのビタミン
トラックバック(1) |