フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。

プロフィール

かなめこ

Author:かなめこ
楽楽塾 「遊びから学び」主宰
子どものころからたくさんの仲間と遊ぶことが大好きな私、そのまま熟年となり、仲間とワイワイできるイベントつくりしたり、遊びのワークショップをするようになりました。笑い過ぎたのか体が膨らんでしまいました。


最近のコメント


リンク


ブログ翻訳


ブロとも一覧


最新トラックバック


失敗したことは さっさと分析して原因に対処して

前を向き行動しましょう

過ぎ去ったことを何とか変えようと考えたり 悩んだり

しても誰も変えることができません

人は経験・体験したことを培って成長し 変化している

のです

失敗も成長過程のひとつにすぎなと認識しましょう

スポンサーサイト
風仁誌の取材を兼て江戸崎の商店街の雛人形を見て歩く

ついでにお寺や古い家も見て歩く

夕方に出島の鶴沼に落ちる夕日を見ながら散歩する

いっぱい満喫 久々に歩いた 最高

「ぶらり気まま旅」第一段の取材ができました
人は比較によって 「理想と違う」「幸せはあの人みたい

人を言うのよ」「あれが心配」「だからあすればよったのよ」

「こうすべきだった」と考えが湧いてきます

それが頭の中にいっぱいになってグルグル回ってしまいます

「頭」が何かを比較し始めたら それを意識して見ていて下さい

ひと息ひと息 いま入る自分に感謝

相手に素直になってほしいと望むなら 自分が素直に

ならなければ相手もしないのです

ではなぜ 自分は素直にならないのだろう?

それは 脳の記憶に「いやいや素直になると損する」

「わがままだ」「痛い思いをする」という思い込みが

脳に記憶されため 危険とみなして回避する行動

をしてしまうのです

素直になるためには まず脳へ私は私が大好き

私の周りに入る人はいい人たちですと脳にに記憶しま

しょう

友人たちと盛り上がってその場はたのしかったのに

ひとりになると「あぁー」とため息をつき 虚しさ寂しさ

が湧いてくるときがあります

なぜ人と入ても虚しかったり寂しかったりするのでしょう?

自分をよく見せようと無意識に見栄を張ってしまたり

テンションを上げていたりしてがんばってしまっています

なぜなら「脳」がいつも人によく思われたい自分に何とか

近づきたいと行動しているからです

そのももの自分でいられる脳に変えていきましょう

 | BLOG TOP |  NEXT»»