フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。

プロフィール

かなめこ

Author:かなめこ
楽楽塾 「遊びから学び」主宰
子どものころからたくさんの仲間と遊ぶことが大好きな私、そのまま熟年となり、仲間とワイワイできるイベントつくりしたり、遊びのワークショップをするようになりました。笑い過ぎたのか体が膨らんでしまいました。


最近のコメント


リンク


ブログ翻訳


ブロとも一覧


最新トラックバック


一年間ご愛読いただきました皆様には心より感謝申し上げます

私にとってこの一年は、思いが(目標)叶った最高の感動を味わえた年でした

それもこれも私を支えてくれる人たちやみなさんがいたからだと思います
そしてそんな人たちに囲まれている自分にこのうえない幸せ者と歓喜してます

何事も目標を達成するにはチームワークのバランスと思っております
ひっぱり上げてくれる人
支えてくれる人
応援してくれる人
見守ってくれる人
それらの人がいるから目標に迎うエネルギーになるのです

今年一年は実感の年でした
来年は感覚・創造の年に

本当に「ありがとう」
スポンサーサイト
創造性とは 発想のフリー度にあるように思えます

発想のフリー度こそが知性で 自分の頭で考え

いいと判断したものは積極的に認め行動に起こしま

しょう

心が弱いから武装して戦ってしまう

それを解除したいと勇気の鍵を探す・・・・・・

私にもこの心の弱さがあるので分かります

できるだけ傷つかず 泥をかぶる事を避けれるか

自分の評価が下がるのを恐れるあまり 利口ぶること

をやめれない

それは自信がない裏返しなのです

ありのままでいられる人は 人としての器の大きさを

感じさせます

そのままの自分を受け入れましょう


人間の記憶には 短期記憶と長期記憶というものが

あることはご存じでしょうか?

長期記憶はさらに意味記憶・エピソード記憶・手続き

記憶などに分類されます

言葉では表現されないが体が覚えているという記憶

が手続き記憶です

自分自身が登場するドラマ風な記憶で「きのうどこどこ

で何した」という記憶をエピソード記憶です

自分自身が関与しない知識のような記憶 たとえば「日本

の首都は東京である」というような記憶が意味記憶です

幼少期は丸暗記の意味記憶の力が強く 成人するにつれ

つながり式記憶に近いエピソード記憶の力が強くなると

いわれています

ですから成人の場合 因果関係の意図でドラマ風に語ら

れる事柄のほうが記憶しやすいのです

記憶に自信がない人は 物事を因果関係で捉える習慣が

ないのかもしれません

それを補うため 周囲の事象を丸暗記しょうと七八苦してしま

うのかもしれません

なぜこのようなことを お話したかったかというと 記憶も習慣

だからです

その人の習慣で記憶することが違うのです

子どもの頃から何ごとにも「なぜだろう?」と考えるクセがいつ

のまにか因果関係の意図方式の記憶が習慣化されるのです

今からでも遅くはありません「なぜだろう?」と考える習慣をつ

けませんか?


頭が固い人とよく言いますが そもそも頭が固いとは

どのような状態を指ししますものなのでしょうか

頭が固い人とは いったん選んだ過去の経験また似て

いる知識をなかなか捨てられない人のことだそうです

どうやら違うようだと感じれば 瞬時に別なものを探すこ

とが出来る人を柔軟な人頭の回転が早い人と言うことです

柔軟な脳になるには 一つの結論にこだわらない

相手の気持ちを想像してみるなど視点を変えてみることを

して観ましょう

 | BLOG TOP |  NEXT»»