楽楽ワークショップで柔軟脳に、笑顔で楽しい毎日! そんな日常の出来事 *ワークショップのお知らせ∞絵のお話❗笑笑🎵
心の幅を広げるには 自分を偽らないことです

自分に正直にいましょう

背伸びして分かったふりできるふりして よく見られ

ようとするとうそが生まれたり欺いていることがにじみ

出てしまいます

他の人ことに嫌なことをされたり 嫌な思いをされたと

しても心の広い人は起こったことに疑問は持つがその人を

拒絶・否定しないのです

自分が弱く無気力だと思っている心の狭いひとは 拒絶・

否定しようとするのです

また心を閉ざしている人は 人も拒絶・否定するばかりで

はなく自分をも拒絶・否定しているのです

あるがままの自分を受け止められない原因のもなっている

のです

もし否定的・マイナス感情が起きても それを悪いものであ

ると思わず また無理に飲み込もうとしないでください

否定的・マイナス感情も感じたまま受け止めましょう

ただその状態を見ていましょう

スポンサーサイト

【2010/11/30 08:53】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
自分の弱さを認めることは 自己をさげすむことで

はないのです

自分の欠点や弱いところがあるというところを素直に

受け入れると自然と心にゆとりが生まれ 心も強くなって

くるものです

それが 他の人たちには穏やかな人と映る感じるのです

自分の弱さを正しく受け止めましょう


【2010/11/29 08:44】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
かぜの市表

かぜの市裏

【2010/11/28 21:36】 | 手作り雑貨PULL日和
トラックバック(0) |
心の広さを測るとしたら 人生を旅情的に楽しむ

力とちょっとしたことに大きく感動する力 あらゆる

場面でできる喜びを体感できる力 これらの力があ

る人がとても心の広く たとえ違う意見を持った人に

ぶつかっても自然体で接することができるのです

そして「世の中には 自分と違う意見を持った人がい

たってちっともおかしくないことじゃない」と柔軟に考え

るからです

人生とは 損得ではやっていけません

知識だけでも頭でっかちの判断をしたり 効率だけで

物事を決めたりはできないのです

迷路も選択違いも転ぶことも 人生において無駄な時間

ではないのです

むしろ心豊かにするための滋養になるはずです


【2010/11/28 08:30】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |
最近の子どもたち半数が学んで持っているのは

「知識」だけではないかと思う

人を尊敬したり 思いやったり 感謝したりといった

「知恵」は培っていないのではないか?

知恵を教えない教育は 心を負しくヘ偏狭します

本当の知恵がなければ子どもは 自分とは違う考えや

価値観に対して すぐに心を閉ざしてしまいます

知識は人生に必要ですが それが万能だとは思わない

で下さい

心を豊かにし 人と上手く付き合うには 知識よりも知恵

の方が必要だからです


【2010/11/27 08:34】 | こころのビタミン
トラックバック(0) |